エステティシャン

マッサージ師になるには国家資格が必要不可欠

リラクゼーションの仕事

マッサージ

体の不調を改善したり、癒しを与える仕事にも様々な種類がありますが、民間資格で行えるもの、国家資格が必要なものもありますので、それぞれの違いはよく理解しておきましょう。あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師は国家資格が必要となります。

もっと知ろう

人を癒す専門家として働く

仰向けになる女性

専門学校選定に大切なこと

マッサージ師は国家資格ですので、専門学校に通って知識や技能を身につけて資格試験にのぞむことが求められます。ですから自分が通う専門学校を選ぶ際には、慎重に考える必要があります。選定の最重要ポイントは講師陣です。どんな実績ある講師が在籍しているのかを調べましょう。学校のホームページには教員紹介がありますから、ここからマッサージの現場で働いている先生がどれほどいるかを要チェックです。座学の空き時間や実技訓練のときに、現場での苦労話などの経験談を聞くことができれば、後々の自分に活かせるに違いありません。ですから講師陣の肩書ではなく、現場で仕事をしているかどうかを基準とすることが重要です。カリキュラムを確認することも大切です。入学後にどのくらいのイベントがあるのか、1日のスケジュールはどうなっているのかなどを知っておくと、入学後のプランが立てやすいためです。特にサラリーマンなど他に仕事をしている人がマッサージ師養成校に通う場合、時間の融通が利くかどうかは入学前に知っておかねばなりません。こうした観点から、学校の所在地から通学時間を検討することも必要です。無理なスケジュールで体調を崩すことは避けなければなりません。学費が気になるのは当然です。マッサージ師養成校については、学費が高額だからより良い学校とは限りません。立地や学校の規模などの要因による上下が相当あるためです。安価な学校に行っても、しっかりと学習すれば資格試験合格はできますし、知識も技能も得られます。あとは実際に学校に行ってみて、雰囲気を体感してみましょう。どんな学生がいるのか、どれほど教育熱心なのかなどを肌で感じることが、学校選定の最終段階となるでしょう。せっかくお金を支払って学ぶのですから、一度で資格を取得するために、モチベーションを保って学習できる学校を選びましょう。

癒しを仕事にする

マッサージ

ストレスの多い現代において、疲労回復や癒しに効果のあるマッサージは非常に人気があります。それに伴って、サロン等への就職に有利な資格を取得する人も増えています。資格は数種類あり、公的なものと民間のものとに分かれています。

もっと知ろう

国が認めるものは4種類

タオルを持つ人

マッサージでは国家資格は4種類あります。あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師とあり、どれも指定された専門学校に通って学ばなければ資格を取ることができません。しっかり学んで人の体の痛みを軽減させる専門家となります。

もっと知ろう