基礎知識を知っておこう

音符

修理が必要な箇所

自宅にピアノがあり、ご自身だけでなく子供にも始めさせようと考えている方も多いでしょう。しかし、放置してあったピアノを使用する場合、音がずれていたり、音の出ない鍵盤があったりと不具合が起こっている可能性が高いです。そんな時に考えるのがピアノ修理ですが、ピアノ修理は専門の調律師に依頼する必要があります。修理が必要な箇所として主に弦、鍵盤、ペダル、ウール部品などが当てはまります。弦が古い場合はピッチが緩んでいる事が多いです。下がりきっている弦を急に張り直した時は切れてしまう事もあるので、その場合は弦自体の交換が必要となります。鍵盤は音が出なかったり、元の位置に戻らないと言うトラブルがあります。多くの原因として鍵盤に埃などの異物が混入しているか、湿気等で鍵盤自体が膨張している事が挙げられます。異物が混入している場合はすぐに修理が可能ですが、膨張している場合は交換が必要になります。ペダル部分は音の伸びや音量のコントロールが出来ないケースが多いです。そして、ピアノには多くのウール部品が使われています。長く放置されているピアノはウール部品が虫に食われていたり、湿気などがウール部品に染み込んでいると機能を果たさない事があります。ピアノ修理を依頼して、湿気などの問題で故障している場合はピアノを置く場所にも気を付けるようにしましょう。また、ピアノ修理をする時にあまりにも高額であれば購入した方が返って安くなる事もあります。見積もりを確認してじっくり考えておきましょう。