女の人

マッサージ師になるには国家資格が必要不可欠

癒しを仕事にする

マッサージ

ストレス解消のお手伝い

医療や美容関連の資格の中でも、近年非常に人気を集めているのがマッサージの資格です。一口にマッサージの資格と言っても、種類はいろいろです。国家資格はあん摩マッサージ指圧師という1種類のみですが、民間のものであれば整体師、カイロプラクター、リフレクソロジストなどたくさんあります。また、柔道整復師などがマッサージ業に従事することもあります。これらの資格が人気を集めているのは、やはり健康ブーム、癒しブームの影響が主な理由となっています。ストレスにさらされがちな現代人の心身を癒すため、マッサージを売り物にする美容サロンや健康サロンは大盛況となっています。こうした職場で働くには、資格を取得しておくと有利です。マッサージは、医療目的で行う場合は上に挙げたあん摩マッサージ指圧師でなければ業とすることができません。しかしリラクゼーションや疲労回復などを目的とする分には、無資格で施術することもできます。ただ、健康サロンなどではどの程度の専門知識や技術を持っているのか分からない人間が採用されることはまれですし、自分の身体を預けるお客さんも安心できません。スペシャリストであることを証明するには、資格の取得が早道なのです。それぞれの資格のうち、あん摩マッサージ指圧師については取得の条件が法律で定められていますが、その他の資格は認定団体ごとに取得条件が異なります。ただ、基本的には専門の養成スクールに通い、必要な学課を修めた上で認定試験に臨むという点でおおむね共通しています。