女の人

マッサージ師になるには国家資格が必要不可欠

リラクゼーションの仕事

マッサージ

専門的に学ぶ

仕事にも様々な種類がありますが、体を整える、癒しを与えるリラクゼーションの仕事に就きたいと考える人も多いのではないでしょうか。プロとして活躍するためには知識を学び、技術を習得しておく必要があります。そしてリラクゼーションの仕事にも国家資格が必要であるものと、民間の資格で施術が行えるものがありますので、その違いも知っておきましょう。まず、国家資格が必要となるものに、あん摩マッサージ指圧師があげられます。日本でマッサージ師と呼ばれる資格がこれにあたり、あん摩やマッサージ、指圧などの手技を用いて腰痛や肩こりなどの症状を緩和させていく仕事です。治療院や病院で活躍することはもちろん、開業や出張でも活躍が期待できる仕事です。資格の取得方法は、まずは国の指定を受けた養成校で3年間学ぶこと、さらに国家試験に合格することでマッサージ師として活躍できるようになります。学校は全国でも少なく学費も決して安くはありませんが、それだけ希少価値の高い資格とも言えます。このほかで国家資格となるものとして、鍼や灸を用いて症状の改善を行うはり師・きゅう師、湿布やテーピングで打撲や捻挫を改善させる柔道整復師などがあげられます。民間の資格でより短期間で技術や知識を身につけたいのであれば整体師やカイロプラクティックを学ぶという方法もあります。どの資格も似たイメージがありますが、必要とする資格や施術内容は違いがありますので、それぞれの特徴はよく理解しておきましょう。